税理士になるには

必須資格

税理士試験

税理士試験に合格して2年以上の実務経験を積むと、税理士になることができる。受験資格は、大学卒業程度の学歴、または簿記1級の資格を持っていること等。
試験は年1回行われる。11科目のうち5科目に合格すればよい。合格率は科目によって異なるが、概ね10%程度と言われている。

主な職場

税理士事務所、一般企業、個人事務所

先輩税理士のサポート業務を行いながら、会計帳簿への記入や税金の計算を行う。基本が身に付けば、特定のお客さんを担当して、税務署に提出する書類の作成や会計についてのアドバイス業務を行う。実力を付けて独立する人もいる。

関連する資格

簿記検定、簿記能力検定

日本商工会議所が実施する「簿記検定」1級、または全国経理教育協会が実施する「簿記能力検定」上級に合格すると、税理士試験の受験資格が与えられる。

向いている人

正確な税務書類を作成するためには、計算能力の高さと注意力が必要。また、税についての法律は頻繁に改正されるため、勉強熱心であることも求められる。

関連団体

日本税理士連合会

日本税理士協同組合連合会

国税庁(税理士試験情報のページ)

「税理士になるには」に関する本

13歳のハローワーク (大型本)
13歳のハローワーク (大型本)
(著)村上 龍
税理士の仕事がP80に紹介されているよ。仕事の魅力や楽しさなどが読めるよ。
税理士になるには (なるにはBOOKS) (単行本)
税理士になるには (なるにはBOOKS) (単行本)
(出版)ぺりかん社
税理士の仕事が紹介されているよ。「税理士になるには」や、仕事の魅力が読めるよ。

「税理士になるには」に関するリンク集

税理士と共通点がある仕事・職業

このページの先頭へ戻る