救急救命士になるには

必須資格

消防官、救急救命士

高校や大学で学び、まず消防官採用試験に合格する。その後救急隊員として経験を積み、養成所で専門知識を学んだ上で、救急救命士試験に合格しなければならない。
養成所で勉強に必要な期間は約半年。試験では医学の知識が問われる。

主な職場

消防署

まずはチームの隊員として、救助の技術や災害現場での判断力を磨く。経験を積めば、チームを率いる立場になることができる。

向いている人

チームで救助活動を行うため、仲間とうまく協力できる人が向いている。1回の勤務時間は24時間にもなるため、体力も必要になる。

関連団体

救急振興財団

日本救急医療財団

全国救急救命士教育施設協議会

「救急救命士になるには」に関する本

医療の仕事なり方完全ガイド (好きな仕事実現シリーズ) (単行本)
医療の仕事なり方完全ガイド (好きな仕事実現シリーズ) (単行本)
(編)学習研究社
救急救命士の仕事がP86~87に紹介されているよ。資格や収入、働ける会社などが読めるよ。
13歳のハローワーク (大型本)
13歳のハローワーク (大型本)
(著)村上 龍
救急救命士の仕事がP307~308に紹介されているよ。仕事の魅力や楽しさなどが読めるよ。
決定版 夢をそだてるみんなの仕事101 (大型本)
決定版 夢をそだてるみんなの仕事101 (大型本)
(編)講談社
救急救命士の仕事がP112~113に紹介されているよ。インタビューが読めることもあるよ。
21世紀こども百科 しごと館 (全1巻) (大型本)
21世紀こども百科 しごと館 (全1巻) (大型本)
(出版)小学館
救急救命士の仕事がP62~63に紹介されているよ。写真やイラストがたくさんあるよ。

「救急救命士になるには」に関するリンク集

救急救命士と共通点がある仕事・職業

このページの先頭へ戻る